社会保険料が高くて負担です。やめることはできないの?

2014.02.25 (火)

社会保険料は、実際高い!僕もそう思います。

協会けんぽや年金機構を通じて加入する社会保険料は、およそ給料の25%かかります。そのうち半分を会社が負担しなければなりません。給与30万円の人で、約3.5万円の保険料を負担することになります!

社会保険はすべての法人が法律によって強制的に加入する仕組みですから、残念ながらやめるわけにはいきません。でも、上手く制度を利用すれば、負担を軽減することができます。

負担軽減策1:個人のサービス業にする。

強制的に社会保険に入らなくても良い事業があるのをご存知ですか?
個人事業の飲食業、サービス業等です。そういった業種に転換したり組織変更したりすることで社会保険に入らないことも可能です。

社会保険料が高くて負担です。やめることはできないの?

負担軽減策2:加入しないヒトを多く雇用する。

社会保険は、労働日数や労働時間が一般社員の概ね4分の3未満の場合、加入しなくても構いません。よって、そういうヒトを沢山雇用することで負担を軽減できます。

負担軽減策3:給与の払い方を工夫する。

社会保険料は、加入時と年1回の算定時に決定します。一度決まれば、月によって給与額が変動しても、基本的に一定の保険料のままです。ですから、この時に安い保険料に設定すればOK。賃金制度を工夫すると、負担を抑えることも可能です。

あなたの会社に合った方法を専門家が具体的にアドバイスしています。
悩んでいるなら、今すぐ雇用管理サポートセンターへ

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP