エキスパートコラム:一緒に考えましょう。労務管理のあり方

2018.09.22 (土)

今回は、よく耳にする「労務管理」について考えてみたいと思います。
 一般的には、出退勤管理や労働時間・残業管理、有休管理、就業規則等のルールの徹底などがイメージされることと思います。しかし、私たちはそれらを本当の意味で「管理」しているのでしょうか。ともすると「管理」ではなく、単なる「記録」「把握」に止まっていないか考えてみる必要がありそうです。
  
 「管理」という言葉は「一定の協働目的を効果的,能率的に達成するために,協働体系そのものの維持発展をはかる機能。(出典: ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)」とあります。言い換えると「組織(企業)の目標を達成するために、組織の維持・発展をはかること」と読めます。ポイントは、「発展」というキーワードです。つまり、労務管理は、労務関連事項を組織の発展に活用しないと労務管理とは言えないということです。では具体的にどう活用すればいいのでしょうか?
 例えばですが、以下のようなことが考えられます
  
・ 総労働時間の推移と売上・利益の関連性を分析してみる
・個人別の労働時間と成果物から効率性や生産性を分析してみる
・従業員ごとの毎月労働時間の推移から増減があった際に、その原因をヒアリングして解決策を考える
  
  などなど沢山の視点が出てくるはずです。難しいことを考える必要はありません。生産性を上げるためには?効率的にするには?ワークライフバランスを実現するためには?など、何かテーマを持って労務関連項目を眺めてみると、何かしらのヒントが浮かび上がってくるはずです。
  
  せっかく労務管理をするのであれば、本来の意味での管理の視点で物事を観察・分析し、組織の発展に活用していきましょう。
  MRパートナーズでは「わたしたちは労務によって組織成長に貢献するプロ集団です。」という言葉を、自分たちの「あり方」として胸に刻んでいます。
 そして、お客様の成長とともに自らも成長できることを喜びとしています。
 ぜひ一緒に労務を活用して組織発展を実現していきましょう。
 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP