ねっとWORK(2018 Feb.) 今月のラインナップ

2018.02.23 (金)

2018年02月号ラインナップ

人をつなぎ、新しい動きを創る情報マガジン
【ねっと WORK 2018年02月号】
今月は以下のようなラインナップとなっております。

 ★今月のラインナップ:HRテックに乗り遅れるな!
    ★情報BOX    :キャリアアップ助成金が平成30年度より変更されます!
★むさしの労務 相談室:ハラスメントにはどんなリスクがあるの?
★MRパートナーズNOW:今年の社員研修は沖縄
PDF版PDFファイルでもご覧いただけます。

HRテックに乗り遅れるな!

文:MRパートナーズ 猶木貴彦
 最近よく、AI技術の発展によって無くなる仕事について話題になります。例えば、銀行の窓口係やタクシー運転手、警備員に清掃員など、自動化の可能な職業やデータ分析等の秩序的な内容の仕事はAIにとって代われれてしまうと言われています。 
 人事労務の分野も同様です。人材管理から福利厚生まで人事領域でコンピュータによる自動処理やAIによるデータ解析が行われています。これらはHRテックと総称されています。今回はすでに新たなサービスとして始められているHRテックをご紹介します。

 労務管理の中でも一番面倒なのが勤怠管理でしょう。従来は、従業員一人一人がタイムカードに打刻するのが主流でした。しかし、フレックスタイム制や裁量労働制など複雑な勤務状況に合わせて打刻するのは難しく、さらに打刻忘れ等を修正して、集計する作業は手間のかかるものです。これらを解消すべく勤怠管理システムが進化してきています。最近ではクラウド上で管理し、スマホやパソコン、ICカードなどで簡単に記録できるものが出てきており、コスト面でも、従業員あたり数百円で利用できるという大きなメリットがあります。
 

icon-hand-o-right主な勤怠管理サービス

・ちゃっかり勤太君(エイアイエス)
・ジョブカン(ドーナッツ)
・・キングオブタイム(ヒューマンテクノロジーズ)
・ジンジャー勤怠(ネオキャリア)
・AKASHI(ソネット)
・就業奉行(オービック)

 勤怠管理システムによる勤怠データを給与計算システムに取り込むことで、残業代や欠勤控除などの給与計算を自動化できるようになります。最近の給与計算ソフトは勤怠管理システムのデータを簡単に取り込めるようになってきています。

icon-hand-o-right勤怠システムと連携できる給与計算システム

・MFクラウド給与(マネーフォワード)
・クラウド給与計算フリー(フリー)
・タイムプロ(アマノ)
・ジンジャー(ネオキャリア)

 これまで入退社に伴う雇用保険や健康保険の手続きは、紙で届け出ていましたが、行政が電子申請を推進し、パソコン上でできるようになりました。当初は使い勝手が悪かったものの、最近では利便性もだいぶ向上してきました。それにより、従業員一人一人の個人情報をデータで管理することで、容易に電子申請が可能となります。

icon-hand-o-right人事情報管理システム

・スマートHR(マネーフォワード)
・人事労務フリー(フリー)
・ジンジャー(ネオキャリア)

 その他にも、採用業務や人事評価、健康管理までシステムを活用したサービスが出てきています。こうしたサービスの利用は今後避けては通れないでしょう。 
 一方で、本来の職場内人間関係(ヒューマンリレーション)を維持向上するには、やはり直接的なコミュニケーションが不可欠です。HRテックを上手に活用して、人間関係の良い職場にしたいですね。
 私たちもAIでは代われない、心の通ったサービスを目指していきます。

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP