情報BOX:2019年4月から「年次有給休暇管理簿」を作成してください!

2019.03.02 (土)

すでにご案内の通り、2019年4月からすべての使用者に対して、
年5日の年次有給休暇の確実な取得が義務付けられます。
それに伴い、使用者は「年次有給休暇管理簿」を作成して保存することが義務付けられることになりました。

労働基準法施行規則 第24条の7
使用者は、法第39条第5項から第7項までの規定により有給休暇を与えたときは、
時季、日数及び基準日(第一基準日及び第二基準日を含む。)を労働者ごとに明らかにした書類
(第55条の2において「年次有給休暇管理簿」という。 )を作成し、
当該有給休暇を与えた期間中及び当該期間の満了後3年間保存しなければならない。
この「年次有給休暇管理簿」とは、
労働者ごとに年次有給休暇の時季日数及び基準日を管理するための書類で、
有給休暇を与えた期間中及び期間満了後3年間保存しなければなりません。

作成に当たっては、
労働者名簿または賃⾦台帳に上図のような必要事項を盛り込んだ表を追加するように案内されています。

労働局からエクセルで作成した管理簿も紹介されています。
 山口労働局のページ などからダウンロードできますので、そちらを活用することも出来ます。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP