ねっとWORK(2017 Oct) 今月のラインナップ

2017.10.26 (木)

2017年10月号ラインナップ

人をつなぎ、新しい動きを創る情報マガジン
【ねっと WORK 2017年10月号】
今月は以下のようなラインナップとなっております。

 ★今月のラインナップ:求人のルールが変わります
    ★情報BOX    :年末調整留意事項を解説します
★むさしの労務 相談室:有給休暇の出勤率の算定方法
★MRパートナーズNOW:会社対抗運動会を実施しました!
PDF版PDFファイルでもご覧いただけます。

職業安定法改正!求人のルールが変わります!


 

文:MRパートナーズ 猶木貴彦
 直近8月の有効求人倍率は1.52倍。これはバブル期のピークだった1990年の1.46倍を上回る水準だそうです。
私が20代のころに採用のお手伝いをしていたときよりも、さらに人を採用しづらくなっているということです。
バブルの頃は、採用するために、給料を上げたり、休みを多くしたりして、様々な努力をしていました。
一概に比べることはできませんが、最低賃金が上がり、働き方改革などと言って休みを増やす風潮にあるのは、バブルの頃と重なります。

 最近ではバブルの頃には無かった「ブラック企業」という言葉も横行しています。採用するためには、「ブラック企業ではない」というアピールが欠かせません。
 新卒など若者を採用するには、求職者の求めに応じて、
①募集・採用に関する状況
②労働時間などに関する状況
③職業能力の開発・向上に関する状況
のいずれかひとつの情報提供を義務付ける法律(若年雇用促進法)が昨年3月に施行されています。

 若者だけではなく、広く一般にも求人情報等の適正化を図るため、職業安定法が改正になりました。これにより、来年1月からは以下の事項を明示することとなります。☆印の追加の事項をご確認ください。

 当初明示した労働条件を変更して契約する場合には、契約締結前に新たな条件を明示することも義務付けられました。
 採用にあたっては労使双方で労働条件の確認を綿密に行い、トラブルが起きないように気をつけましょう。

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP