MRパートナーズNOW:Office365活用研修会

2019.03.02 (土)
☀MRパートナーズNOW☑お仕事備忘録✒編集後記
   icon-smile-o   Office365活用研修会icon-bullhorn 
 
 
昨年行った生産性向上支援訓練を継続するために、毎月1回講師の方をお呼びして、Office365の活用指導を受けています。

今回のテーマは「Sharpoint」!
知らなかった機能を教えてもらい、みな「すごい!」と驚きながら学んでいます。
ITスキルを向上して、より良いサービスの提供を行っていきます。

   icon-bookmark  お仕事備忘録(3月)
 
 
人事労務まわりで確認しておきたいことをまとめてみました。日ごろのお仕事に役立てていただけたら嬉しいです。
 

  • 1.新年度の36協定の締結
  • 従業員に法定労働時間を超えて労働させたり、休日労働をさせるためには、36協定を締結し、労働基準監督署に届け出なければなりません。年度単位で締結している企業も多くあるので、その協定期間を確認し、更新時期にあたる場合には忘れずに協定の締結と届出を行いましょう。
     なお、2019年4月の改正労働基準法の施行にともない、36協定の様式が一部変更となり2019年4月以後(中小企業は2020年4月以後)の期間のみを定めたときには、新様式を利用することになります。
     

  • 2.確定申告の税額の延納の届出書
  • 確定申告書の所定の欄に延納税額を書いて提出することにより、その税額につき延納することができます。ただし、納付すべき所得税額の1/2相当額以上を納付期限までに納付することが条件のため、延納申請できる税額は、納付すべき所得税額の1/2相当額未満となります。なお、納付期限は3月15日、延納期限は納付した年の5月31日です。
     

  • 3.個人の青色申告の承認申請
  • 個人の青色申告の承認申請は、原則として青色申告をしようとする年の3月15日までに提出します。ただし、1月16日以降に新規業務を開始する場合は、業務開始日から2ヶ月以内の申請となります。
     

  • 4.所得税の更正の請求
  • 確定申告を提出し、その申告期限後に計算の誤り等がある場合については、その申告期限(3月15日)から5年以内に限り、誤った申告額の訂正を求める更正の請求ができます。

 

 
 

 
 

  icon-pencil編集後記 
 
2月度MIPは、推進部 谷津和彦さんでした。
おめでとうございます!
 
【受賞理由】
社内イベントで特技のお寿司を振舞ってくれて、
みんなの心とお腹を満たしてくれました。
誰もが認める受賞です。
  

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP