北村先生に聞いてみよう!:外国人採用の注意点

2018.12.22 (土)

  

●北村先生に聞いてみよう!

◆外国人採用の注意点

 
かねてから叫ばれている日本の労働力人口不足を解決する一つの手立てとして、
外国人労働者の活用があります。
拙速だという意見もありますが現政権も事態を重く見て今国会で外国人労働者受け入れの法律改正をめざしています。
今後の外国人雇用に際し必要な手続きや心掛けておくことをお伝えしたいと思います。

1.まずその方が日本で働くことができるか在留カードを見せてもらい就労条件をチェックし、
有効かどうか法務省のインターネットページで確認しましょう。

2.次に社会保険および雇用保険への加入の確認です。外国人の方も条件は変わりません。ただし雇用保険に入る入らないに関わらず雇入れと離職の際にハローワークへ届出が必要となります(雇用対策法28条)

3.また労働条件の説明や、雇用契約書の書面での締結を必ず行いましょう。日本国籍がないから年金入る必要がない、残業があると知らなかった、そもそも残業の概念がない、といったように日本にいると普通だと思っている慣習も外国人の方には初めて知ることがあります。後から誤解を生まないように雇入れ時にしっかり説明し、形に残しておくことが大切です。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP