むさしの労務相談室:過半数代表者ってどう決めるの?

2018.01.19 (金)

 

1月のご相談

 

回 答
 
 36協定を締結するときには、「従業員の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合と、労働組合がない場合は従業員の過半数代表者と書面により協定する」ことになっています。
 過半数代表者になるには、次の3つの要件があります。①従業員の過半数を代表している ②選出に当たってはすべての従業員が参加した民主的な手続きがとられている ③管理監督者に該当しない 
 注意点としては、①の従業員の過半数は正社員だけでなく、パートやアルバイトなども含みます。②の民主的な手続きは、投票や挙手、従業員の話し合いなどで、会社が指名するのはNGです。ちなみに、協定の途中で過半数代表者が退職していても、再締結する必要はありません。

業務課・古賀
お困りの際は弊社までご連絡ください。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP