むさしの労務相談室:ハラスメントにはどんなリスクがあるの?

2018.02.23 (金)

2月のご相談

 

回 答
 
 ハラスメント=コスト?

 昨今、社会意識の高まりにより、セクハラ、パワハラ、マタハラ、パタハラ、モラハラなどハラスメントという言葉が氾濫しています。ハラスメントのリスクとして、①ハラスメントを受けた従業員の休職やモチベーションの低下による業務の量・質の低下。②社内の雰囲気の悪化。③上記2点を原因とした離職率の向上、などが考えられます。
 離職者が出ると、離職者自身に蓄積された知識や経験、スキル、ノウハウが自社からは失われ、新たな採用コストや教育コストもかかってきます。せっかく採用・育成しても就労環境が悪い企業に定着は難しく、また離職者発生~採用・教育の悪循環になってしまいます。ハラスメントを原因としたコスト負担は莫大になるのではないでしょうか。特に人手不足と言われている昨今の労働市場の状況を鑑みれば、ハラスメントは絶対起こしてはならない、という全社的な意識付けが非常に大切となるでしょう。そのためには、まずトップがそういった意思を明確に全社員に伝えることが必要です。

業務推進部・市来
お困りの際は弊社までご連絡ください。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP