むさしの労務相談室:労働時間の端数はどう処理すべきか?

2017.07.31 (月)

7月のご相談

今回は、勤怠や給与など、数字を扱う労務業務で悩むことの多い、端数に関する質問です。

回 答
 
 労働時間管理は複雑でわかりにくく、更にシステム導入に伴い、管理方法が変わってしまってお悩みになるケースは多くあります。労働時間の切り上げについては、行政通達(昭63.3.14基発150号)により、1日単位で生じた1時間未満の労働時間を1分でもカットしてしまうと、労基法24条違反となってしまいます。例外として、1か月の時間外・休日・深夜労働の合計に1時間未満の端数がある場合は、30分未満を切り捨て、30分以上を切り上げる「四捨五入」が認められています。今回のご相談については、これまで1日単位で15分に丸めていたものを、1ヶ月の合計を15分単位で四捨五入するようにルールを改めることで、行政指導に沿った適法な取り扱いとなります。

業務課・的場
お困りの際はお気軽にご相談ください!

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿カテゴリー一覧

過去の投稿

⇑ PAGE TOP